シースリーをおすすめする5つのポイント

全身脱毛がとても安い!

シースリーは凄いのは、全身脱毛が通いやすい月額定額で出来るので、学生にも安心です。

一ヶ月の定額料金の他は追加金額は出ないので、他社と比較してもとても安価に全身脱毛が出来ます。

一般的な脱毛サロンでは、最初は安く感じても追加料金が必要になったりもしますが、ところが、シースリーの場合は回数が重みがちな何回でも通って脱毛できる通い放題のコースがあるのです。

どのくらい通う回数があるか気がかかりな方にもオススメです。追加料金なしで通えるので安心です。

脱毛することは生え変わる毛のサイクルがあるので、どの部位でも一度の脱毛ではムダ毛が無くなることはないです。エステでは、通常は12〜18回通う必要があると言われてます。




53部位くまなく全身脱毛

脇やVラインは、最もひと目に触れやすくそういうところこそ安全な脱毛サロンで行うのがおすすめなのです。

一般の脱毛サロンでは同じ全身脱毛でも、多くて30数カ所程度ですが、シースリーの場合は、全身脱毛全部で53ヶ所も行ってくれる事です。

詳しくはこちら


シースリーでは純国産脱毛機ルネッサンスを使用

シースリー全店舗に国産の高級脱毛機「ルネッサンス」を使っています。日本人女性の肌質、毛質を考慮しての設計なので、脱毛効果も非常に良く、

詳しくはこちら


手数料不要!引っ越ししても店舗移動出来ます

進学、就職、転職、旦那様の転勤など、お引越しをされることもあるでしょう。そんなとき、そのとき通っているサロンが、その地域にしかなければ、また引っ越し先で新しいサロンを探さなければいけなくなります。

その点、ミュゼプラチナムなら、ほぼすべての県に店舗をかまえていますし、面倒な手続きや手数料は一切なくサロンを移動できるので、そこも安心して申し込める理由です




脱毛について豆知識

脱毛エステのカウンセリングなどを無料で受けて、そのまま強制的に脱毛エステを受けることを約束させられてしまう事例も多くあります。しかし、一定の条件を満たしていれば、契約解除制度が使えます。ちなみに、脱毛エステはクーリングオフできますが、クリニックでの脱毛のときはクーリングオフを使えないため、交渉が必要になるでしょう。

脱毛サロンは勧誘が多いといったイメージがありますが、それは本当のことなのでしょうか?結論を言うと勧誘はあります。高級コスメや高額コースを勧められることがあるので、注意をしておいた方が良いのかもしれません。ですが、大手脱毛サロンだと勧誘は禁止にしていることが多いでしょう。一度でも勧誘をしてしまうとイメージが悪くなってしまうからです。

今では肌が敏感な方でも使用可能な脱毛サロンや脱毛クリームがあります。もちろん、敏感肌でもその程度は人により様々ですから、必ず万人がOKと言い切るのは難しいでしょうが、敏感肌を理由に最初から諦めたりしなくていいというのはグッドニュースですよね。

脱毛器を選択する時は、絶対に費用対効果にこだわらないといけません。費用対効果が悪いものを使用すると、脱毛サロンに行った方が安くなることもあり得ます。また、脱毛器によると使用できる範囲は異なるので、使用可能範囲も確認してください。刺激が少なく、肌への負担が少ないものを選ぶことをお勧めします。

脱毛器アミューレは、パナソニック製の全身用の泡による脱毛器です。泡でムダ毛を絡めとり、根元からキレイにスルリと抜き取ってくれます。コードレスでどこへでも持っていくことができ、お風呂で使うことも出来ます。口コミでは皮膚の凹凸も気にせず脱毛できるし、使いやすいと好評です。コストパフォーマンス的にも優れものなので、評判の脱毛器です。

脱毛器の購入に際しての注意点は、危険性はないか、使いやすいか、購入後のサポートは充実しているかの3つです。いくら脱毛効果が高くても肌荒れや火傷といった副作用の起きる脱毛器は利用することが不可能なので、購入に際しては危険性のないことを確認してください。脱毛器の取扱の方法も購入する前に調べてみましょう。購入後の支援体制が十分だといざという時に困りません。

女性が脱毛サロンで脱毛をしたいと思っている場合、気がかりに思うことは、生理期間でも大丈夫かですね。これについては、各脱毛サロンの規則によって変わってくるものだと考えてください。生理中でも変わらずに通えるサロンもあれば、規則として全面的に行わないとしているところもあります。ただ一般的にいって、どちらにしても生理中という時期の場合には、衛生面での観点によりデリケートゾーンの脱毛については禁止です。

基本的に脱毛サロンで採用されている光脱毛は安全性については保障できます。しかし、必ず安全であるとも言えず、肌荒れや火傷の症状を引き起こす可能性も拭えません。念を入れて、医療機関と提携している脱毛サロンを選択しましょう。さらに、ご希望の日に予約を取れない可能性もあるため、契約の前にサロンの予約の取りやすさを調べてみると良いでしょう。

自分の家で脱毛をすれば、自分でしたい時に脱毛が行えるので、余計な時間を取られません。自己処理として剃刀を使うのが一般的ですが、肌を傷めずとも方法としてはほかにも処理が簡単なものとして、脱毛剤を使う方法もあります。脱毛の技術の進展により、数多くの脱毛剤が販売されていて、その脱毛法には、毛を毛根から抜いたり、溶かしたりするものもあります。

シースリーの詳細はタップして確認

シースリー公式へ

このページの先頭へ