シースリーの注目ポイント

全身脱毛するなら一番安いシースリー

シースリーは凄いのは、全身脱毛が毎月通いやすい定額で出来るので、学生にも安心です。

定額制なので他社よりも非常に安く全身脱毛が出来ます。

一般的な脱毛サロンでは、最初は安いのですが、必ずどこかで追加料金が発生します。しかし、シースリーは何回も回数を重ねないと脱毛出来ない各部位の脱毛を何回でも脱毛できる通い放題のコースがあるのです。

回数を気にして気がかかりなおすすめ。追加の料金は発生せずに、通うことが出来るので安心してください。

脱毛は毛周期の関係があるので、両脇の脱毛だけでなく1回の脱毛ではムダ毛が無くなることはないです。脱毛サロンでは通常10回近く通う必要があると言われてます。




全身53ヶ所しっかり脱毛

脇やVラインは、人目に触れるのでそんな時こそプロフェッショナルなサロンで脱毛するのがおすすめです。

一般の脱毛サロンでは同じ全身脱毛でも、脱毛部位は30ヶ所程度が多いです。シースリーの場合は、脱毛箇所が53ヶ所行ってくれる事です。

詳しくはこちら


シースリーで使う脱毛機が他と違う

シースリーでは全店舗で国産の高級脱毛機「ルネッサンス」を使用しています。日本人女性の肌質、毛質を考慮しての設計なので、脱毛効果も非常に良く、

詳しくはこちら


引っ越ししても安心!全国サロン移動が出来ます

進学、就職、転職、旦那様の転勤など、お引越しをされることもあるでしょう。そんなとき、そのとき通っているサロンが、その地域にしかなければ、また引っ越し先で新しいサロンを探さなければいけなくなります。

その点、ミュゼプラチナムなら、ほぼすべての県に店舗をかまえていますし、面倒な手続きや手数料は一切なくサロンを移動できるので、そこも安心して申し込める理由です




脱毛について豆知識

脱毛器を買う時に、注意するのが価格ですよね。異常に高額なのであれば、エステやクリニックに行った方がお得になる可能性があるので、確認したくならない人はいないはずです。脱毛器の一般的な価格は5万円〜10万円です。価格が低いものだと1万円台で購入することもできます。ただ、非常識なほど安価だと脱毛効果が十分に得られない傾向があります。

脱毛器の中には、いわゆるデリケートゾーンに使うことのできるタイプと使うことのできないタイプがあります。使えないタイプを無理にデリケートゾーンに使った場合、、肌が荒れたり火傷を起こす原因となるので絶対に使わないでください。デリケートゾーンを脱毛したい時には、きちんと使用することのできる脱毛器を買うようにしましょう。

脱毛サロンではよく勧誘されるといわれますが、事実なのでしょうか?結論を言うと勧誘をされることはありえます。高級化粧品や高額コース等を勧めてくることがあるので、注意をしておいた方が良いのかもしれません。しかし、大手の脱毛サロンだと勧誘を禁止と定めているところが多いです。しつこく勧誘をしてしまうと悪いイメージとなるからです。

永久脱毛を受けると永久に毛が生えないのかどうか疑問に思う人も多いであろうと思います。永久的な脱毛を受けることによって死ぬまで毛が生えてこないのかというと、絶対ではなく生えてくる時もあります。最も効果的なのはクリニックで受ける事が出来るニードル脱毛だといえます。それ以外の脱毛方法を実践した場合は毛が生える可能性が高いと考えてください。

医療脱毛は安心だといわれていますが、そうだからといって全く危険性がない訳ではありません。医療用脱毛でも、火傷、ニキビや毛濃炎などのリスクが伴います。医療機関での脱毛に限らず、こういうリスクはエステでの脱毛でも起こりうるものです。脱毛の際は、少しでも口コミがいいところで施術してもらいましょう。

最新の脱毛器を使えば火傷や肌荒れの心配はないでしょう。脱毛器の中でもフラッシュ方式であれば、まずそのようなことはないです。ただ、どんなに優れた性能の脱毛器であったとしても間違った使い方をすると危険です。とりわけ顔の脱毛をする場合には常に気をつけていましょう。さらに、脱毛の前後に肌を冷やしておくことで、肌荒れを予め防止しておくことができます。

動作音の大きさは脱毛器によって違うので、音が大きいものを選んでしまうと騒音に感じる可能性がないとは言えません。アパートに住んでいる場合、深夜に使用すると隣人に迷惑となるケースもあるので、気配りを忘れないようにしましょう。音が大きいのが嫌いであれば、なるべく動作音の小さなものを選定するようにしてください。

脱毛器を選ぶにあたっては、絶対にコストパフォーマンスにこだわる必要があります。費用対効果が良くないものを使用すると、脱毛サロンに行った方が費用が低くなることがあります。また、脱毛器によると使用可能な部位は違うので、使用可能範囲も確認してください。刺激が多くなく、肌へのダメージが少ないものを選ぶことをお勧めします。

シースリーの詳細はタップして確認

シースリー公式へ

このページの先頭へ